09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

ツバメの巣立ち 

Posted on 15:59:42

今年の夏はツバメが身近なところに
巣を作ったことで、いろいろわかったことがあります。

はじめ巣はツバメ夫婦が作る
メスは卵を温めるが、時々雄と交代する
オスは敵から巣を守るため近くで、見守っている

雛ははじめは巣から顔をのぞかすことができないくらい小さい
顔を出すことができるようになるまで少し時間がある。

それから次第にわかったのは親鳥は朝と夕方えさ運びをするように思えること。
日曜日観察していたのですが、
昼間は姿を見せないようです。

今年の暑い夏、
昼間何度も様子を見ていましたが
暑さでばてるのじゃないかというくらい
5人ボッチでした。

中には巣から頭を投げ出して深くうなだれているので
暑さのために死んでしまうのではないかと不安になったほどです。

さてこれはある程度大きくなって。
つあめえさ運び
bird2_20130728153844.png
親鳥が飛んできて
しゅっとえさを渡し、また飛び立っていく。

seichou.png
このころはかなりでかくなっておりますねえ。

みていると、親鳥くらいの迫力もあります。
巣の中でならんでかおをだすことができず、
上になり下になり、
羽づくろいをしたり
羽を伸ばしたり、たたんだり

昼間、折り重なるようにしていて、
もうすぐの巣立ちを思わせるころ。

なんか、かわいいですね。
このころになると巣から出て、窓枠にとまったりしています。
sao.png
飛び立って、庭のさおで休んでいた前日。
帰って巣をみると
sudachi.png
1羽だけ窓枠に残って
後の4羽はもういません。

でも周りにはにぎやかに仲間らしいツバメが飛び回っています。
残ったツバメは
なんだか寂しそうにしていますが、
見ている間ずっと振り返ったまんまでした
これ、顔の部分が後ろを向いているんです。

親鳥か、兄弟がぴぴぴぴぴと鋭い泣き声をして
近くまで来てはユーターンして
誘っているようでした

面白いなあ、
人間は恐ろしいほど進化して、
自然や、地球や、自分たちをも
破壊する勢いですが
ほかの生物はその中で静かに
一生懸命生を引き継いでいるんですねえ。

次の日見たときはこの1羽もいませんでした。
元気に飛び立ったようです
スポンサーサイト
デイリー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://nanaschool.blog.fc2.com/tb.php/59-0326cda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。