05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

石鹸シャンプーの難点 

Posted on 23:52:31

石鹸作りにも段階があることが判明。

まず石鹸を作るには
油はまあ何でもある。
泡立ちなどを考慮して
ココナツ油とパーム油・・・使い心地など考えれば必需品かも。
苛性ソーダ・・・ふつうの薬局には売っていないし、
取り寄せなどもあまり気が進まない様子。
一軒見つけてやっと購入しました。

ここから作るまではまあ手間ではありますが何とかなります。
型に入れて、一晩おき、
切り分けて、風通しのよい、温度変化の少ないところで
水分を飛ばしていく。

で、一ヶ月も待てないで、使ってみました。
使っている分には優しい泡に上出来と思うのですが、
洗い流す段階で違和感が出るのですよ。

水道水のミネラルと反応して、石鹸かすができるのですね。
日本の九州地区は少し硬水にちかく
ミネラルが多いのです。

顔などを洗った後、顔を触ったときなんだか重い感じがするのは
石鹸かすが表面に残っているせいだったのだ。

髪を洗うとこれがまた顕著です。
1週間ほど、石鹸でシャンプーして様子を見てみました。
髪はごわごわ、落ち着きなくぱさぱさとしています。
使っているうちに何とかならないかと思いましたが、
やはりぱさぱさごわごわ。

軟水にするとその石鹸かすの問題はなくなるのですが、
手作りするのはイオン交換樹脂なども高価です。

それで軟水器の問題はおいといて
髪の毛をいたわるためにリンスを作りました。
リンスは以前から考えていた、
クエン酸やリンゴ酢、蜂蜜を水で薄めます。

ここのところの市販の石鹸シャンプーの使用と、
手作り石鹸のお試しで、かわいそうなくらいの私の髪は
手作りリンスのおかげでとてもなめらかになりました。

しかし、石鹸かすの問題は消えません
将来的には軟水器にすることが一番の問題解決になるでしょう。
スポンサーサイト
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://nanaschool.blog.fc2.com/tb.php/19-6c7d1369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。