08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 11

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

仔猫 

Posted on 05:35:06

今日は朝からハンズマンへ出かけました。
カラスがなにかをつついています。
仔猫でした。

からすはどこかへいってしまい、
動かない子猫を見ていると
少しあしがうごきました。
弱々しい。

迷いましたが、たおるにつつみくるまへ。
まだ、朝の7時ですから、動物病院も開いていません。

ハンズマンで手早く買い物して戻ると
子猫は冷たい体をしていました。

手のひらで温めながら
車を動物病院の方へ走らせます。

よくみると綺麗な子猫です。
あやすと鳴き声を出すようになりました。
しかし、どうかすると呼吸をしなくなりそうに、弱くなります。

あやしては少し深く息をし、を繰り返していましたが、
結局手遅れでした。

確かに呼吸は弱々しく、
ひだりのかおはつつかれたためか、
血が出て、感染症をおこして、少し腫れていました。

子猫がこんな目にあわずにすむように、
去勢、避妊は必要だなと、改めて感じました。

今の世の中は、
自然も少なく
猫が外で生きて行くのは難しい世の中です。
運命といえばそうなのかもしれませんが、
悲しい出来事でした。
スポンサーサイト
デイリー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

仔猫 

Posted on 05:01:40

未分類  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

ハーブウォーターの世界 

Posted on 00:02:22

ハーブウォーターは手軽に使えてとっても便利
普通は化粧水として販売されてます。
ハーブウォーターはどういうものかというと
image_20130904231351ebf.jpg
水蒸気蒸留法の図です。
左から 水を熱して
2番目には植物が入っています。
ここを立ち上ってきた水蒸気が通ります。
そのとき植物の精油成分を含んでいる
油胞といわれる部分がはじけて
精油を含んだ水蒸気となって
3番目の冷却間の中を通っていくと
冷やされた蒸気は水となって
右側の容器の中に出てきます。
下の広い部分がハーブウォーター。
精油は比重が軽いので上に上がってきて
あふれて
左右に出てきている部分です。

精油は100%精油成分。
その点、ハーブウォーターは精油成分は0.1%以下くらいでしょうか

精油は原液は濃度が濃く、希釈して用いられるのが普通ですが、
ハーブウォーターはそのままでも使えますし、
作用の強いものならもともと水ですので、
精製水などで割ればすぐにも使用できます。

精油と違い安全性が高いのは魅力です。
それにそれだけではなくて、すばらしい作用を及ぼすこともできます。
化粧水として使うにはちょっとさっぱりしすぎという
人もいますが(。。)(うちの母とか)

image.jpg
これはハーブウォーターの使用例などが書かれている本です。
ハーブウォーターの世界は比較的新しい本です。
含まれている成分の研究結果アンド使用例や
注意事項など。
読みきれていませんが盛りだくさんです。

可能性を秘めているハーブウォーター
もうちょっと勉強してみよう。

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。