06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

ツバメの成長 

Posted on 07:14:55

ツバメの巣作りと子育てを始めてみました。
子供のころは自然が多くて見てたのかもしれないけど
注意を向けていなかったので
じっくりみるのは初めて。
仕事のないときだけなので所々しか見れませんが。

巣を造る場所を決めたらしいときから
夕方にはほぼ巣は完成。
親鳥は夜になると母鳥はスの中、
父鳥は窓のふちでお休みです。

最初は空っぽのように見えた巣。
しばらくして小さな顔を覗かせてきました。

bird.png
今でもせっせとえさを運んできますが、
子供たちは
もう羽を伸ばしたりパタパタさせたり
もうすぐ飛び立つのでは、、、と思います。
bird2.png

大分市の戸次地区にツバメが現れだしたのは
ここ2年くらい。
記憶する限りですが。
戸次はまだ畑や田んぼも多く
えさやりが十分にできるからでしょう。

戸次にすみ始めて14,5年になるかなと思いますが
どんどんこの地区が好きになっていきます。

産業廃棄物処理場建設などの話もあり反対運動を続けていますが
この自然は守っていかなくてはね、と
改めて感じました。
スポンサーサイト
デイリー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

口腔ケア元気塾IN佐伯 

Posted on 03:33:20

7月14日の1日の出来事でブログを3回も書いてます。
ほうりっぱなしが多いから
書こうと思ったとき書かないとね。

本日は9時30分から16時30分まで「広げよう口腔ケアの輪」
の講習会でした。
お口のケアが高齢者、寝たきりの方や
元気でもケアが悪いと全身状態に響くという
とても気になる話題のセミナーです。

どの部位でもそうなのかもしれませんが、
人間の体って本当に微妙にできてますよね。
体のゆがみとかは、心のゆがみを表したり、
心のゆがみが体に痛みとして現れたり。
とても精巧にできているし、健康であることは宝なんだなと思います。

年をとるといろんなところに弊害が出て、
体は大切に、心も大切に。
日々のケアをしましょうというのをつくづく思ったりします。shiroato.png
ここはセミナーのあった三余館の左手にある
城山のふもとの部分。だと思う。
記憶が不確かですが、
高校生までここで暮らしてた割りに
佐伯の全体像が捉え切れてないですね。
そのころ車で移動することなんて今のようにはなく
行動範囲も狭かったから。
三余館の道路を隔てた向かいには小学校があり、
もっと向こうは母校の鶴城高等学校がある。

懐かしいなあ。
このなんともいえない昔ながらの風景。
感慨にふけってしまいました。
しかしこの日は1日がかりのセミナー。
ほかのところに行く時間はなかったですけどね。

朝のうちに石鹸を収めには行きましたが。
それで、朝は遅刻して10時くらいから席に着きました。
「口腔ケアは脳を本当に刺激するのか?」
面白そうな題名です。
食べることは基本なので、お口を不自由なく動かせることは
確かに脳を刺激しそうです。
講演者はたくさんおられて、内容もとても充実していて
時間は瞬く間に過ぎていきます。
3時くらいに用事があり、出ましたが
最後まで聞きたいと席についている時間がついつい延びてしまいました。

面白かったのは
ランチョンセミナーというのがあったこと。
これってどこでもあるのかしら。
私は初めてでした。
医療系のセミナーでは良くあることなのでしょうかね。

お昼(お弁当が出ました。これがまたおいしかった)をたべながらの
セミナーです。
主催者の黒木先生がお話をなさいました。
一番この中で興味をひきつけられました。
なぜなら、
アロマテラピーでよく語られる
皮膚の構造から入っていったから。(笑い)
皮膚表面の角質層に苔が出てそこにカンジダができるという。
そうなんだあ、とえらく納得してしまいました。
題名は「見落とせない口腔カンジダ症の病態と治療」
こうなる前にケアしないとね。

これは医療関係者の方だけでなく
一人ひとりが注意していかなくてはならない問題ですね。

アロマテラピーをしていると思いますが、
いがいに人は自分の体に無頓着。
自分の体に目を向けることで、自分なりに
体をケアできることが大切なんだと思います。
セミナー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。