06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

プチグレンとマンダリン 

Posted on 23:31:26

ここのところ本当に暑い日が続いていますね。
ツバメの巣から雛たちが顔を出し、
しかもすっごいうなだれている
暑いのかしら。
食糧不足かなといろいろ心配な今日この頃。

元気に巣立ってほしいな

さて先日妊婦さん初期の不安のためのレシピを書いてました。
プチグレンとマンダリンといえばリラックス。
しかも安全な精油なので妊婦さんも初期から使えたりします。
妊娠4ヶ月は精油の摂取はしないほうがよいので
塗布ですね。
塗布なら妊娠初期でも大丈夫。
もちろん用量用法は守らないといけません。

プチグレンもマンダリンもミカン科
マンダリンは果皮を圧搾したエッセンス
プチグレンはオレンジビターの葉を水蒸気蒸留法によって得られたエッセンシャルオイル。
同じミカン科なのでブレンドもあいやすいでしょう。

精油にはプチグレンマンダリンというものもあり、
これはマンダリンの木の葉を蒸留して取れたもので
強い抗不安作用のあるアンスラニル酸ジメチルという分子が35%ほども含まれています。

でもナードにはこのプチグレンマンダリンはないんですよね。

プチグレンはエステル類が半分以上含まれ、
モノテルペンアルコール類のリナロールもかなり含まれている。
しかもαテルピネオールという誘眠作用もあり
不眠などにも大いに利用されます。
でもどうかするとお新香くさいような香りにもなりますが。
分量に注意ですね。

マンダリンもリラックス系にはよく使われる精油で、
やはり禁忌のない安全な精油。
プチグレンとマンダリンには
それぞれあのアンスラニル酸ジメチルが少し含まれているので
不安から来る不眠などにもよく使われそうです。

基本胃腸系にも良いので調子を整えたいときや
便秘などにも良いようです。

ミカン科のマンダリンは香り的にも大変日本人に好まれる香りですよね。
う~ん吐き気のする妊婦さんとかはどうなんでしょう。


スポンサーサイト
精油  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

つばめ子育て中 

Posted on 07:22:01

家の窓からよく見えるところにツバメの巣ができた。
2ヶ月ほど前のことだ。
最初は2羽がとまっているだけだったが、
ほぼ1日くらいですが出来上がっていた。

母鳥は気がつくとすでに巣の中で卵を温めている様子。
その2mほどそばの出っ張りのところに父鳥だろうか。
ずっと巣を見守っていて、ほかのツバメが来ると見事なくらいの勢いで
追い払っていた。

そして、夜になると母鳥と20cmくらい離れたところで休んでいた。
卵を産んでしまうとオス鳥は姿をあまり見せなくなった気がする。
しかし時折、巣の中を2羽の親鳥が交代している様子が見て取れた。

ずいぶん長いこと卵を温めているようだが、
子供の姿が見えず、心配になった。
しかし、しばらくすると雰囲気が違ってくる。
巣を離れる時間が増えてきた。
ヒナといえば巣の中から黄色いくちばしを出して啼いているイメージだが
姿が見えない。
小さいころは背が足りないんだなということにやっと気がついた。
しばらくすると、顔を覗かせるようになったから。
4羽いる。
親鳥が交代で食べ物を運んでいる様子だ。
面白いな、こんな近くで鳥の子育てを見れるなんてラッキーだ。

夜になると母鳥だろうか、帰ってきて巣の中で眠るようだ。
ここでもなんだか父鳥ってかわいそうだねと思ってしまう。

母は強し。
人間も動物もおんなじなんだね。
デイリー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。