05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

アロマな歯磨き粉 

Posted on 00:12:52

2年ほど前に何年かぶりに歯が痛み、
歯医者へ
このところ歯に自信ありと
怠けていたためか虫歯になってしまいました。(。。)
それからは気を引き締めて歯の手入れをしています。
今年のお正月に餅を食べたとき埋めたものが浮いてしまい
1年かぶりにまた歯医者に行ってきました。

そのとき先生にお話を伺ったのですが
歯は骨にくっついてはいないことをはじめて知りました。
詳しくは「歯とそのまわりの構造」をご覧ください。
   歯とそのまわりの構造
インプラントは骨に直接埋め込むので、
最初は響くかもしれませんね。かあんかあんって。
そんな簡単なことをこの年で知るのもとても面白いものです。

先日の口腔ケアの懇親会では
歯科衛生士さんが、インプラントする人は
自己管理のできる人でないといけないという話をしていたので、
勉強不足の私は「なんでですか?」
と、かなり馬鹿丸出しか、とは思いましたが問いかけました。
タバコをすわないとか、定期的に手入れに通うとかが必要なのだそうです。
そしてやはり一番いいのは自分の歯を大切にすること。

2年前の虫歯で懲りたので
このところ歯磨き粉は手作り。

基材はジェルかクレイ
ジェルはすぐに吸収されてしまうような気がするので、
もっぱら私はクレイを水にといて使っています。
これにグリセリンを入れると、歯と歯ブラシのあたりが柔らかい気がする。
ただ甘くなるので、そこはあまり好きではないですが。

精油はペパーミント、ローレル、クローブ、ティートゥリー、
   オレンジスィート   レモンなど。

ペパーミントやクローブは禁忌があるので、
自分にあったものを使う必要がありますね。

私は同じものを使わず、
そのときの気分で2.3種類を混ぜて手作りします。
刺激の強そうなペパーミント、ローレル、クローブは別々に使ったり。
クローブはかなり昔から虫歯治療に使われているくらい
抗菌力に優れた精油です。
その分刺激も強く、唇につくと
ピリピリします。

1ヶ月くらいで使い切るようにこまめに作るのがこつ。
精油は生きているので、新鮮なほうが効果があります。

おかげさまで、今回の治療ではかぶせ物が取れた以外は
虫歯もなく、ほっとしました。
スポンサーサイト

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。