05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

妊娠初期のストレスや不安 

Posted on 22:45:36

ナードアロマテラピー協会の毎年行われるセミナーでは
妊産婦のためのアロマテラピーというのが出てきます。

妊娠の最初の4ヶ月は精油の使用は
慎重を期す必要があるというのは
ここにも書かれています。

使うのなら皮膚塗布を優先する。
これは日本人であれば飲用することはめったにないと思います。
どうかすると慣れた人でないと皮膚塗布もないかもしれませんね。
芳香浴がやはり多いでしょうか。

妊娠初期であれば芳香浴が安心ですね。
しかしこのセミナーの内容では
部分的な皮膚塗布について書かれています。

プチグレン   2ml
マンダリン   3ml
これを作っておいて、使用するときにキャリアオイルと同量あわせて
3滴をみぞおち、土踏まずや手首の内側に塗布するのです。

手首に塗っておくと
ふと鼻の下に手を持っていくと
リラックス系の香りに包まれるというわけですね。

これを見ていて思ったんですが、精油とキャリアオイル
たとえば、ホホバ油とか、結構子供などにも使いやすい
へーゼルナッツ油などを最初から混ぜておかないのですね。

ナードアロマテラピーは医療として使われているフランスのレシピなので
こういう使い方をするのかという感じですね。
精油は精油だけでブレンドしておくのが
酸化しにくいということで、良いのかもしれませんね。

さて、明日からはプチグレンとマンダリン、ヘーゼルナッツオイルについて
まとめてみよう。
スポンサーサイト

△page top

妊産婦のためのアロマテラピー 

Posted on 01:12:46

産婦人科に勤めているのに、
妊産婦のためのアロマって言うのは避けてるなあ。
基本、精油の使用は避けたほうが良い気がして。
母体や、胎児のことを考えると触れないほうがよい気がしますね。

しかし(・0・)
ここ1,2年出産ラッシュが、
従業員のほうですが。
すごい勢いです。
マタニティが足りなくて追加してます。
6,7人いるかなあ。
で、妊産婦のアロマテラピーについて
しばらく考えてみたいと思った次第です。

アロマをやる人が多くなったとはいえ、
たいていの場合は癒し系の
良い香りは心が休まるよね、的なもの。

それに本人がやる気でなければ
ほかの人が勧めるのは難しい。
アロマは基本的に本人が自己責任でやるものですから。

芳香浴で、癒されるのももちろん良いですよね。

でも精油は心身にとても顕著に影響を与えることがあるので
慎重になってしまいます。
ただ、それをいうなら食事もそうだし、
嗜好品などの摂取や
周りの環境など、すべてが関係するわけで、
アロマテラピーだけをむやみに恐れるのもおかしいのかもしれません。

まあ、
あまり難しく考えず、
いろいろな文献に記載されているものをまとめてみよう。

何せ、きちんと整理したことがないので、整理代わりに(*・・)
頭をまとめていこう。

あしたから。

△page top

コスモ美肌対策 

Posted on 22:57:14

我が家の13歳の柴犬コスモ。
流れるような力強い走りを見せていたのが、
いつのまにか、とぼとぼとしか歩かなくなった。

心臓弁膜症なので、あまり歩かないほうが良いのであるが、
出たいのに出れないで、次第に伺うような視線で見てくるようになるにつれ
だんだん卑屈になっていくようで、
思い切って少しづつ散歩するようにした。

自分でも疲れるのか、遠出をしようとするのを
とめることも数少なく、
やはり体力が衰えているのは否めない。

さて、柴犬の中でも毛が
密集して長かったコスモ。
小さいころからアレルギーがあり、
どうかすると、なめた後が荒れたり、黒ずんでくるのもありがちだったのであるが、
年とともにおなかのあたりまで黒ずんできた気がする。

なめるのはやはりおなかの辺りが、雑菌がつくのかな?
と思いつつ、
このところ暑くなって蒸れるのもあるのかしら。
蚊に刺されたのかしら、
丸く膨れたりしているのだ。

というわけで、とりあえず、自分の美容ジェルを塗る。
これはジェルにパルマローザやゼラニウムを2%程度入れて、
お顔の手入れに使っているのであるが、
お肌に良い精油なので、
荒れて黒ずんだコスモのおなかにも良いはず。
そして、擦り傷を作ったとき作った、
ラベンダーアングスティフォリアを1滴入れて、
ホホバ油で希釈し3mlくらい作ってあった、
ブレンドオイルを塗っておいた。
ラベンダーはかゆみにも良いし、お肌の修復作用もあるので
最適だと思った。
それとジェルだけではすぐ吸収されてしまう気がするが、
ラベンダーブレンドオイルを塗ることで、
お肌が柔らかく、しっとりが長続きする。

次の日には黒ずんで入るものの、
荒れはだいぶ良くなり、つるつるしている。
うううううん。
いいなあ。
私のお肌もこのくらいつるつるになればよいんだけど。

△page top

便利なペパーミント 

Posted on 01:30:40

ペパーミントも精油の中では良く聞く名前ですね。
しそ科で根以外の全草を蒸留します。
パパーミントといえばメントール
ヒヤッとした感覚という感じで、馴染みがありますねえ。。

これからの季節はペパーミントが活躍しそう。
暑い夏に、ヒヤッとした感覚を求める人には、
シャンプーやトニックなどの手作りには添加すると良いし、
スプレーなどを用意して、厚いときは首筋などに
しゅっと一吹きするだけで、暑さもしのげる気がします

精油を使い慣れてない人はペパーミントウォーターを持ち歩くと簡単お手軽です。
ペパーミントをブレンドすると、香りは濃ければよいものじゃないというのが良くわかります。
ウォーターがほのかで、私は好きです。
ラベンダーウォーターなどもほのかで、とても良い香りです。

しかしいろいろ勉強するうちに
ペパーミントは少し用心して使うようになります。
ケトン類のメントンが多く含まれているので、妊産婦や授乳中の女性
乳幼児、高齢者は使用しないようにという禁忌や注意事項があるし、
香りも強いし、普通はそれほど入れないと思いますが、
ブレンドするときも5mlで1滴ペパーミントを入れれば1%
なので、この程度なら大丈夫かな(禁忌以外の人はね。)

ペパーミントって昔から知られているだけあって、
用途も大変多いですねえ。
強壮作用もあり、消化器系も改善する作用がある。
もちろん歯の手入れや虫歯の痛みなどにも効果が期待できる。
歯磨き粉作りにも一役買ってくれます。

昔から毒にも薬にもなるという言葉がありますが、、
そう、ほかにも良薬口に苦しとか。
注意して使う必要があるけど、
たくさんの効果を期待できる精油なので、
手元に一つ持っておくと便利です。
精油  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

アロマな歯磨き粉 

Posted on 00:12:52

2年ほど前に何年かぶりに歯が痛み、
歯医者へ
このところ歯に自信ありと
怠けていたためか虫歯になってしまいました。(。。)
それからは気を引き締めて歯の手入れをしています。
今年のお正月に餅を食べたとき埋めたものが浮いてしまい
1年かぶりにまた歯医者に行ってきました。

そのとき先生にお話を伺ったのですが
歯は骨にくっついてはいないことをはじめて知りました。
詳しくは「歯とそのまわりの構造」をご覧ください。
   歯とそのまわりの構造
インプラントは骨に直接埋め込むので、
最初は響くかもしれませんね。かあんかあんって。
そんな簡単なことをこの年で知るのもとても面白いものです。

先日の口腔ケアの懇親会では
歯科衛生士さんが、インプラントする人は
自己管理のできる人でないといけないという話をしていたので、
勉強不足の私は「なんでですか?」
と、かなり馬鹿丸出しか、とは思いましたが問いかけました。
タバコをすわないとか、定期的に手入れに通うとかが必要なのだそうです。
そしてやはり一番いいのは自分の歯を大切にすること。

2年前の虫歯で懲りたので
このところ歯磨き粉は手作り。

基材はジェルかクレイ
ジェルはすぐに吸収されてしまうような気がするので、
もっぱら私はクレイを水にといて使っています。
これにグリセリンを入れると、歯と歯ブラシのあたりが柔らかい気がする。
ただ甘くなるので、そこはあまり好きではないですが。

精油はペパーミント、ローレル、クローブ、ティートゥリー、
   オレンジスィート   レモンなど。

ペパーミントやクローブは禁忌があるので、
自分にあったものを使う必要がありますね。

私は同じものを使わず、
そのときの気分で2.3種類を混ぜて手作りします。
刺激の強そうなペパーミント、ローレル、クローブは別々に使ったり。
クローブはかなり昔から虫歯治療に使われているくらい
抗菌力に優れた精油です。
その分刺激も強く、唇につくと
ピリピリします。

1ヶ月くらいで使い切るようにこまめに作るのがこつ。
精油は生きているので、新鮮なほうが効果があります。

おかげさまで、今回の治療ではかぶせ物が取れた以外は
虫歯もなく、ほっとしました。

△page top

口腔ケアのメンバーと懇親会 

Posted on 00:15:34

6月8日は久しぶりに口腔ケアの勉強会と懇親会がありました。
今回で4回目。
昨年別府で行われた泉都口腔ケアセミナーで
アロマテラピーの講師を務めたときからの会です。
参加者には別府口腔ケアセンターの黒川先生をはじめとして、
(この方は大分に口腔ケアを広めることを使命としているドクターらしい)
言語聴覚師、管理栄養士、看護師、
歯科衛生士、今は歯科医師も加わっています

料理もおいしく、さまざまな話で盛り上がって
楽しい3時間でした。

7月14日には口腔ケアについて1日がかりの
セミナーが佐伯で行われる予定です
今はまだ医療関係者の集まりですが
これが一般市民にまで広がるようになれば
さらに良い方向に行くでしょう。
自らの手でケアできなくなる前に,
自分でケアをしたいものです。

医療現場の人たちは患者さんのために大変な努力をしています。
高齢化によって寝たきりの患者さんも増えていきますし、
現代社会のストレスも働き盛りの人たちを蝕んでいます。

私はアロマテラピーをしているものとして、(^o・)
そうなる前にアロマテラピーで体を整えることを進めて行きたいと思います。
病院でアロマテラピーをすることは
いろいろな制約もあり無理なことが多いものです。
個人個人が自らの体調を整えるべく努力することが必要でしょう。

それにはいろいろな方法がありましょうが、
アロマテラピーもそのひとつです。

今回いろいろな人の話を伺って
私もさらにアロマテラピーを進めて行きたいと思います
デイリー  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

NANA 

Posted on 22:24:27

ナード認定のアロマテラピースクールを立ち上げるとき
名前を何にするかとても悩んだ
アロマセラピストも取得したのではあるが、
昔から、人に触れる仕事よりも
インストラクターの仕事のほうが、
自分にはあっている気がしたので
スクールを入れた。

名前は思いつかない。
昔から、こういったことには才能がないとも思っていたが、
本当に何も思いつかない。

あああああ。
cosmonana.png

というわけで、私の大好きな犬の名前をつけることとなった。
柴のほうはコスモという。cosmosからきている。

アメリカンコッカースパニエルは2歳年下だ。
奈奈という。

コスモ、コスモスというのは少し堅いな。
じゃあ、奈奈かな。
奈奈はもともとブリーダーさんのところにいた犬である。

ななこと呼ばれていた。
2歳まで小さなケージの中に入り。
悲しそうな顔をしていた。
一番の弱虫で、仲間の犬からも
いつも下にされていたのだが、
楽しそうな顔をして、うれしそうだった。

一番の弱虫と思っていたが、
ななこを自分の犬にしたいと申し入れてからは、
ななこにもわかるのか、
私が見ると、いつもがんばっていい子になろうとしているのが良くわかった。

私の犬になるときもかなりの紆余曲折があったが、
家に着てからも、先住犬のコスモに仲良くなろうと努めているのが、
それもけなげだった。
ななこは人は怖いが、犬は大好きだ。
散歩のときも柴犬のそばを離れない。

まあ、そういった、
頑張り屋で、めげなくて、
けなげで、明るくて、
そんなところにあやかろうと、
アロマテラピースクールNANAとなったのだ。

NANAは奈奈にもなり、七にもナナにも、七菜にも七色にもなる。
なんだかぴったりの気がする。
というわけで、私のスクールの名前は
アロマテラピースクールNANAになったのである。

ちなみに会社組織にするときにはコスモを使おうと思っている。
気が早いが、私の大好きな2人の名前なのだ

△page top

犬の大切なお鼻の 乾燥 

Posted on 22:10:54

12歳の犬の散歩は気を使います。
心臓も悪いし、あまり元気よくは歩けません。

先日の散歩で立ち止まっている時間が
長すぎるので、気にしたら、
前足に血がポツリと落ちたのです
えっ、と思ってよく見ると
鼻血のようです。鼻の中が真っ赤でした。
どこかにぶつけたのかなあ。
かなりあわてましたが、
獣医師に聞いたところ何とか安心することができました。

ただ、年のせいかの黒々としてぬれているはずの鼻は
最近では鼻はかさかさで、乾燥しています。
これを何とかしてあげよう。

嗅覚の鋭い犬に香りのするものはどうなんだろうと
精油を使うのはとりあえずやめておいて。

シアバターと
手元にあったイブニングプリムローズを
混ぜて鼻に塗り塗りすることに。

シアバターはこの季節では
すぐにとろとろになり、
使いやすそうです。
アフリカの強い日差しから肌を守る
スキンケアクリームとしても使われてきました。
保湿効果が高く、
皮膚の乾燥を防ぎ、
皮膚を柔軟にするということで、ぴったりです。

イブニングプリムローズは
あらゆるタイプの肌の水分を調整し、
皮膚の乾燥、炎症を抑えます。

いいんじゃないかな。

鼻に慣れたら、肉球にも塗ったほうがよさそうだね。
かさかさだあ。

△page top

精油を混ぜる順番 

Posted on 09:04:15

さて、先日
サンダルウッド
パチュリー
シナモンカッシアをブレンドしてみました

お酒を5ml先にビーカーに入れて
順番に入れていきました。

なにやらシナモンの香りが著しい
ううううん、シナモンは香りが強いからなあ。

ようくようく香るとサンダルウッドとパチュリーの香りがします。
デモ気をつけてよく嗅がなくては香らない。

そのときふと、簡易な方法で作っていることに気づきました。
そう、スクールの生徒さんには
必ずビーカーにまず精油を入れて混ぜてもらいますが、
自分用に作るときは
つい簡便にしてしまい
まず基材を入れてから
精油を混ぜるやり方に慣れていたのです。

で、順番を変えてまず精油を混ぜて香ってみました。
あんまり変わらない。
これはシナモンカッシアが強すぎるのですね。
1滴づつ混ぜたので仕方ない

でも初心に帰らねば。
まず最初に香りを作るべきでした。
いかんいかん、最近のサボりすぎに反省。

今日は外は雨だけど
朝になるとやはり気持ちは明るくなるな。

お休みだからなおさらだね。

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。