09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

手作りリンス 

Posted on 06:24:18

もう、ずいぶん前から手作りリンスを使っている
何度か挫折しては
また戻り
市販のリンスに比べて、手作りは
こんなもんなんだと
納得するまでに何度も挑戦してきたので、
今の形に落ち着くまで1年はたっていると思う

基本は大さじ一くらいの
グリセリンか蜂蜜を入れて
クエン酸を入れて
リンゴ酢をいれ
精製水で100ml程度作ります。

使い心地は自然でいいかなと考えれば
まあ、良好です。(半分こんなもんだろうなみたいな)

でシャンプー後につけてきれいに落としていたのですが、

最近ふと悪魔のささやき、、、ではナイのですが
髪に少し残っているぐらいが
髪の毛にはいいのじゃないかなと
考え始めて2,3日。
あまりすすがないようにしていたところ。

久々の美容院に行ってまいりました。

Heartsの店長姫野さん。
「なんかつけてる?べたべたしてるね」
えっ、べたべたするほどつけてないけど

聞くと、根元のほうがべたべたして乾ききってない感じ。
このまま行くと毛穴が詰まってよくないわよ
とのこと。

あああ、手作りシャンプーのせいかなとか、
汚れが落ちてナイのかなとか、
リンスもあまりねとっとはしないんだけどとか話をしながら考えていましたが

家に帰ってよくよく考えると
あまりよくすすがないのが悪い気がします。

それからはよくすすいでいて根元も乾いている気がする。

手作りしてても、人の意見って大切だなと思いました。
肝に銘じておこう。
ついつい独りよがりになるから。

ア、でも髪の状態は悪くないらしいので良かった。

スポンサーサイト
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

苛性カリを使った液体石鹸 

Posted on 00:09:51

今日は暖かかったですね。
nana_20130212001624.png

アメリカンコッカーの女の子
まったりしています。

cosmo.png
柴犬はゆっくり、ゆっくりと歩くようになりました。
笑って・・・というとちょっと恥ずかしそうにしました。
年月を経ると人の言葉がわかるようです。
カメラ抱えてるせいかな。

今日は苛性カリで液体石鹸を作りました。
一回目はできあがりが
エタノール臭がするので、失敗かなと思い
リパッチという手法で、
再生させたのですが、

今度は二層に分かれてしまったので、
もう一度作ってみました。
ekitaisekken.png

黄金色のひまわり油ですが、
きれいに透明に近くなりました。

本をいろいろ読むと、エタノール臭は消えないほうがよいそうです。
よかった。

1週間ほど寝かせて再度使って、
使用感を確認する予定です。
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

石鹸シャンプーの難点 

Posted on 23:52:31

石鹸作りにも段階があることが判明。

まず石鹸を作るには
油はまあ何でもある。
泡立ちなどを考慮して
ココナツ油とパーム油・・・使い心地など考えれば必需品かも。
苛性ソーダ・・・ふつうの薬局には売っていないし、
取り寄せなどもあまり気が進まない様子。
一軒見つけてやっと購入しました。

ここから作るまではまあ手間ではありますが何とかなります。
型に入れて、一晩おき、
切り分けて、風通しのよい、温度変化の少ないところで
水分を飛ばしていく。

で、一ヶ月も待てないで、使ってみました。
使っている分には優しい泡に上出来と思うのですが、
洗い流す段階で違和感が出るのですよ。

水道水のミネラルと反応して、石鹸かすができるのですね。
日本の九州地区は少し硬水にちかく
ミネラルが多いのです。

顔などを洗った後、顔を触ったときなんだか重い感じがするのは
石鹸かすが表面に残っているせいだったのだ。

髪を洗うとこれがまた顕著です。
1週間ほど、石鹸でシャンプーして様子を見てみました。
髪はごわごわ、落ち着きなくぱさぱさとしています。
使っているうちに何とかならないかと思いましたが、
やはりぱさぱさごわごわ。

軟水にするとその石鹸かすの問題はなくなるのですが、
手作りするのはイオン交換樹脂なども高価です。

それで軟水器の問題はおいといて
髪の毛をいたわるためにリンスを作りました。
リンスは以前から考えていた、
クエン酸やリンゴ酢、蜂蜜を水で薄めます。

ここのところの市販の石鹸シャンプーの使用と、
手作り石鹸のお試しで、かわいそうなくらいの私の髪は
手作りリンスのおかげでとてもなめらかになりました。

しかし、石鹸かすの問題は消えません
将来的には軟水器にすることが一番の問題解決になるでしょう。
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

石けん作り 

Posted on 00:20:55

IMG_6147 (2)
ご近所犬、プードルのモックちゃんのカレンダー。
お母さんはよいできだと大喜び。

さて、お母さんはこのところ石鹸作りに余念がありません。

去年の暮れに昔のトリマー仲間から連絡が入って
彼は国東で開業してますが、
国東では今雇用創出事業取り組みがあるそうなのです。

http://kunisaki-koyou.com/outline

国東でとれる、ひまわり油やレモングラスで何かできないかとのこと。
レモングラスは精油にもなって、アロマセラピストが使うのもなので、
何かアイデアがないかと思ったのね。

いろいろ話をしているうちに、
犬用の石けんはどうだろうかという話になり、
石けん作りに取り組むことになりました。
ふう、シャンプーはあまり好きじゃないけど、お母さんが洗ってくれるので、
以前よりは好きになったわ。

というわけで久しぶりの石けんです。
coconut.jpg
ココナツ石けん
半透明な感じの石けんになりました。
鹸化もはやく、久しぶりにしてはよいできでした。
palm.jpg
パーム油石けん
石鹸を堅くするために石鹸作りには欠かせませんが、
単一で作るとぱりぱりな感じです。
olive.jpg
オリーブオイル石けん
どれも使い心地はよかったのでびっくり。

作るとたくさんできすぎて、使い道に困るのね。

今日は食器洗いに使ってたけど、
意外に使えるので安心したみたい。

単一のオイルで作ってみたけど、
次回はやっとひまわり油を使って、
泡立ちや泡餅を考えて、
犬の皮膚と被毛にぴったりとくるものを作ろうとしています。

犬の皮膚は人間の皮膚よりデリケートだから
優しい石鹸ができるといいな。byナナ
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

いつもの歯磨きづくり 

Posted on 00:51:22

歯磨き。
いつも作っております。
すぐなくなるんですね。

アロマで作る歯磨きはピリピリせずに、使いごごちが良いです。
でも何回かトライしましたけど。
最初は堅かったり、粉っぽくて使えなかったり大変でした。

今ではクレイや重曹などを使って作るのですが、
今回は簡単にボディクレイのシンプルジェルで作成。
これです。
simplegel.jpg
基本、アロマのクラフトはあまり作りすぎないほうが楽しめます。
山ほど作っても、秋が来たり、場合によっては乾燥して
かぴかぴになったりします。

というわけで今回もクリーム容器50mlくらいです。
これにシンプルジェルを流しこみます。
シンプルジェルは水分が多いので、
汚れを落とすためもあり、重曹を小さじ1ほどいれます。

精油はティトゥリー、スィートオレンジそれにクローブを入れてみました。

クローブは刺激が強いので、1滴のみ。
それでもやはり、すこし、ヒリヒリっとする感じがしました。
やはり刺激が強いです。
歯磨きはアロマで作りだしたら変えられなくなりました。
これで2週間くらい持つかな。
クラフト  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。