03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

大分のアロマテラピースクールNANA~のブログ

大分市けやき台 ナードアロマテラピー協会 アロマインストラクターのブログです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

ハーブウォーターの世界 

Posted on 00:02:22

ハーブウォーターは手軽に使えてとっても便利
普通は化粧水として販売されてます。
ハーブウォーターはどういうものかというと
image_20130904231351ebf.jpg
水蒸気蒸留法の図です。
左から 水を熱して
2番目には植物が入っています。
ここを立ち上ってきた水蒸気が通ります。
そのとき植物の精油成分を含んでいる
油胞といわれる部分がはじけて
精油を含んだ水蒸気となって
3番目の冷却間の中を通っていくと
冷やされた蒸気は水となって
右側の容器の中に出てきます。
下の広い部分がハーブウォーター。
精油は比重が軽いので上に上がってきて
あふれて
左右に出てきている部分です。

精油は100%精油成分。
その点、ハーブウォーターは精油成分は0.1%以下くらいでしょうか

精油は原液は濃度が濃く、希釈して用いられるのが普通ですが、
ハーブウォーターはそのままでも使えますし、
作用の強いものならもともと水ですので、
精製水などで割ればすぐにも使用できます。

精油と違い安全性が高いのは魅力です。
それにそれだけではなくて、すばらしい作用を及ぼすこともできます。
化粧水として使うにはちょっとさっぱりしすぎという
人もいますが(。。)(うちの母とか)

image.jpg
これはハーブウォーターの使用例などが書かれている本です。
ハーブウォーターの世界は比較的新しい本です。
含まれている成分の研究結果アンド使用例や
注意事項など。
読みきれていませんが盛りだくさんです。

可能性を秘めているハーブウォーター
もうちょっと勉強してみよう。
スポンサーサイト

△page top

あせもとペパーミントウォーター 

Posted on 00:33:02

さいきん、皮膚がかゆくなります。
やはり汗をかくせいで、雑菌などがくっつき
かゆくなるのかもしれません。
そのたびにシャワーを浴びるわけにもいかず
結構大変ですよね。夏は、

私の周りにはあせもで皮膚科に行きお薬をもらったり、
今日は今日とて
首をぽりぽり書いている同僚がいたので
後ろ首にあせもができて、痛いとのこと

こんなときやっぱりハーブウォーターかなと
ひそかに思うワタクシ。
ハーブウォーターには精油成分がわずかに含まれ
しかも弱酸性です。
アルカリ性に傾いていろんなトラブルを起こす
お肌にはとてもいいんじゃないかな。

小分けして、スプレーボトルに入れて持ち歩くのも悪くない。
ペパーミントウォーターなどは
清涼感もあり、蒸し暑い夏にはお勧めです。

香りも、ほんのり軽やかで、いやみがありません。
すっきりしてかゆみも収まるのです。

△page top

プロフィール

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。